【オナ禁3日目】スポーツジムというオナ禁の天敵

スポンサーリンク

f:id:p-rio01:20180127194606j:image

前回記事
www.pi-seto.com

 

今日でオナ禁3日目だ。

火曜日にラスト射精で、このブログを書いているのが金曜日。

ラスト射精の次の日(水曜日)から1日目として計算。

 

つまり最後に放出してから丸72時間が経とうとしている。

 

一般的に3日あれば精子は金玉に溜まると言われてるが、これが本当ならオレのヤシの実は完熟している。

食べ頃だ。

しかし残念ながら食べてくれる人(女)はいない・・・

 

 

さて、初のオナ禁挑戦にしては幸先の良いスタートではないだろうか。

これまで2日に1回のペースでオナニーをしていた男が、3日間していない。

 

3日間のオナ禁なんて序の口だが、自分自身まさかここまで調子よく来れるとは思ってなかった。

 


最高の滑り出しを成功させた要因として、身の回りの「エロ」を徹底的に排除したことだ。


Twitterの女アカウントのフォローを外し、Instagramに至ってはiPhoneからアンイストールした。

さらにDMMやFC2などエロ動画を視聴できるサイトのブックマークも削除してある。

 

またテレビを見る時もアイドルやモデル、女優が出演している時はすぐさまチャンネルを変える、もしくはテレビ自体を消す。

週刊誌(ヤンジャンなど)を読む時も水着のグラビアページを見ないようにして、キングダムやゴールデンカムイなど漫画だけを読むようにする。

 

などなど、身の回りの「エロ」を徹底的に排除することによって幸先良いオナ禁スタートを切れた。

 


所詮、「オナ禁するぞ!」と誓っても人間の意志の力なんてたかが知れてる。

 

オナニーを知った中学3年生から今日までほぼ毎日猿のように自分のアソコを触り続けてきた人間が意志の力だけで継続できるわけがない。

 

身近な「エロ」のアクセスを物理的に遮断して、性欲という本能を呼び起こすグラビアアイドルやAV女優にエロスイッチを押させないようにすることが重要だ。

 

 

だがしかし・・・・自分の力だけでは「エロ」を物理的に排除できない状況が一つだけある。

 

 


そう、スポーツジムだ。


スポーツジムにいる女、なんであんなエロい格好で運動してるの?

体のラインがモロに出るタンクトップとスパッツって・・・どう頑張っても目線がそっちに行ってしまう。


見ないようにしても目の前を通られると目線が行ってしまう。

 


困るわ〜

こっちは真剣にエロを排除してオナ禁してるのに・・(汗)

お前、ケツ食い込むスパッツ履いて目の前走るなって・・(泣)

困るわ〜

 

 


これ男性陣ならわかると思うんですけど、ちょうどいい感じの女性っているじゃないですか・・?

普段は無理だけど、お酒飲んで酔っ払ったらイケるかなぁ…って感じの女性。

 

アリ寄りのナシで、ありっちゃあありだけど、なしっちゃあなし。

仮に彼女だったとしたら友達とか職場の同僚には紹介したくないレベルの女性。

 

 

 

ウチのジムに身長170cmくらいあってスタイル抜群のそういった女性がいるんですよ。

しかもその女性、いつもタンクトップにスパッツで体のラインがわかる服装なんですよね。

 

マジで目線に困る・・

見ないようにしてもどうしても視線が行く。

 

 

今日もジムに行ったらその女性がいたんですけど、発見した瞬間に「あちゃ〜」って感じでしたね。

 

で、僕がウォーキングマシンを使っていたら、なんとその女性が僕の視線の先で自転車漕いでたんです。

 
当然、身の回りの「エロ」を排除しなければいけないので、その女性がいる前の方を向くことはできません。

 

しかし、右を見ても左を見てもどちらの目線にも誰かしら女性はいるんですよね・・タンクトップ+スパッツの。

 

 

もうね、対処法が目線を上げるしかないんですよ。

前を見ても、右を見ても、左を見てもタンクトップ+スパッツの女性がいるので。

 

ウォーキングマシンでず〜っと上を向いて歩きます。

 

 

 

 

 


って、おいおい坂本九かよ。

 

 

上を向いて〜♪

歩こうよ〜♪

涙がこぼれないように〜♪

 

じゃねーよ・・・

 


こぼれるのは涙じゃなくて我慢汁だって。

 

 

ほんと女性のタンクトップ+スパッツを禁止して欲しい。

ダボダボのTシャツにジャージとかで運動してもらえませんかね・・

 


スポーツジムの女性という思わぬ伏兵の登場によって、今後のオナ禁に影響が出なければ良いだが・・・


とにかくがんばれ、オレ!

まずは目標7日間のオナ禁だ!

 

 

www.pi-seto.com